内服薬や外用薬

笑顔の男性

女性の薄毛が問題視されるようになり、女性の薄毛治療専門のクリニックも誕生しています。
女性に多い問題として、頭髪が全体的に薄くなるという状態があります。
全体的に薄くなるので、最初は気が付きません。
髪のボリュームがなくなったというときに初めて気が付く場合が多くなっています。
20代から髪が薄くなる人がいるように、加齢によるものではなく、さまざまな原因が関係しています。
睡眠不足、パーマやカラーの過度の繰り返し、無理なダイエット、ストレスなどが原因としてあげられます。
ストレスでは、緊張したままでいると頭皮の血行が悪くなり、発毛に影響が出ます。
薄毛は早い時期に治療を開始するほど、回復も早くなります。
まずは専門のクリニックで、髪の状態をチェックしてもらい、必要な場合は内服薬や外用薬などで治療を開始します。

かつて薄毛に悩む女性は皮膚科に行きました。
他の選択肢がないということに加え、女性の場合はホルモンバランスの問題や甲状腺機能の問題、または皮膚病の可能性があるからです。
これらの病気の可能性がない場合には、原因の特定できない薄毛ということで、育毛剤などが処方されてきました。
現在の女性ための薄毛専門クリニックでは、医師がまず、同じように他の病気の可能性を診察します。
病気が原因でない場合には、ストレスなどの場合があるので、生活習慣やストレスを自覚しているかどうか問診が行われます。
そして育毛剤で頭皮の血行促進をはかり新陳代謝を活発にさせます。
さらに女性用に開発された内服薬を服用します。
また頭皮に毛髪成長因子を直接注入することで毛髪の成長を促す治療が行われます。